脂肪注入の口コミランキング!豊胸・バストアップにおすすめは?

脂肪注入への口コミをランキング!豊胸やバストアップにおすすめ

脂肪注入でできたしこりが乳がんになる?

 

よく言われることですが、脂肪注入でできたしこりが乳がんになるという誤解をしている人がいます。これは実際にはそんなことはありません。どうしてこんなことが言われるのかと言いますと、脂肪注入の結果、多かれ少なかれできてしまうしこりと、乳がんによってできるしこりが非常に似ているので混同されているのだと考えられます。

 

違いとしては、脂肪注入でできたしこりは、まだ内部が液状の場合やすでに固まって硬くなっている場合などがありますが、基本的に悪化することはありません。そして、がんになるということも医学的に考えにくいのです。

 

そもそも乳がんというのは乳腺組織である乳管や小葉から発生するもので、脂肪注入は乳腺を避けて行れる手術のため関係がありません。万が一しこりができた場合も、しこりになっているのは脂肪細胞が壊死したものであり、乳管や小葉の中ではなく乳腺の周辺で脂肪が固まった状態である乳がんとは全く違う物質になります。

 

たとえ乳腺内に脂肪が注入された場合だとしても、がん細胞に変化することはまずありません。ただ注意が必要なのは、脂肪注入を行った場合にしこりがあり、それが脂肪注入によるものだと思い込みすぎると乳がんになっていても見過ごされてしまうケースがあることです。

 

脂肪注入をしている場合は、しこりが発見されたなら精密検査を受けてハッキリと白黒をつけていくことが大切です。しこりの状態にもよってマンモグラフィー検査や超音波検査(エコー検査)などを併用しながら正確に状況を把握するようにつとめましょう。

 

脂肪注入のしこりを取り除くには?

 

脂肪注入は、人工物であるシリコンやヒアルロン酸を注入する方法とは違って、自分の体の組織を使用しますから、拒否反応もなく自然な触感に仕上がるのが大きなメリットです。また、その安全性も年々高まっており、今では主流になりつつあります。しかし、一方で良くも悪くも多くの方法があるために、しこりや石灰化についてのトラブルが相次いでいます。

 

これは手作業で不純物を除去するという、旧式の手法によって豊胸手術をしたケースに多いことがわかっています。しかしながら、最新技術で安全性が高いといわれている「脂肪幹細胞注入」「ピュアグラフト豊胸」「コンデンスリッチ豊胸」などにおいてもしこりの問題が起こっています。

 

脂肪注入によってできてしまったしこりの正体は、乳房内で壊死した脂肪です。この壊死した脂肪の塊がごく小さい場合には、時間とともに吸収されるため問題がありません。しかし、直径が10mm以上にもなった脂肪の塊は、完全には吸収することができず体内に残ってしまいます。

 

これを体が異物として認識し、閉じ込めるように被膜を形成していくので、この部分がしこりとなるのです。脂肪注入による豊胸手術を受けた後にしこりができた場合でも、しこりが壊死した脂肪であると簡単には決め付けられないため、原因の解析が必要となります。

 

エコー検査を行えば、しこりの位置や原因、大きさや石灰化の有無をおおよそ把握することができます。この石灰化というのは、しこりが石のように硬くなる状態を言うのですが、体液中のカルシウムの結晶が被膜に沈着してしまって起こります。

 

これは被膜周辺の小さな炎症の作用で、カルシウムが結晶となってしまうからです。この反応が強く出るほど硬い結晶となりますし、除去するのも困難なものとなります。しこり(壊死脂肪)だけでなく石灰化した結晶まですべて取り除く場合は切開による摘出を行わなければなりません。

 

アンチエイジングに脂肪注入

 

最近話題のアンチエイジングですが、美容クリニックにて行われる治療として、最も効果が大きい治療はフェイスリフト手術と呼ばれる方法です。しかし、このフェイスリフト手術は切開して筋肉や脂肪を引っ張りあげるような施術となりますので、切開することに抵抗のある方などには不向きです。

 

そういった方には手軽で簡単な注射療法が行われています。たとえば、シワやたるみ、くぼみといった肌の老化対策として、コラーゲン注射やヒアルロン酸注射という方法があります。こうした充填治療によって肌のトラブルを目立たなくさせることが可能です。こうした注射による施術の欠点は、長くても1年前後で注入した成分が吸収されてしまうことで、繰り返し施術の必要が生じます。

 

こうした欠点を克服したのが脂肪注入による施術です。この方法は、体にメスを入れる必要もなく、また時間経過によって施術の効果が無くなることがない、最先端のアンチエイジング治療法になります。この方法は、自分の体の脂肪を採取して、その脂肪を必要な箇所に注入する方法です。

 

脂肪注入の最大のメリットは、体に大きな傷をつけることなく行える点と、脂肪の注入量の30〜40%が永久的に残ることです。残らなかった脂肪は体内に吸収されますし、もともと自分の細胞ですからアレルギーや副作用といった問題がありません。

 

また、脂肪注入は多くの箇所に利用が可能で、胸はもちろん、体の様々な箇所に対して施術を行うことが可能ですし、また脂肪を採取する場所には部分やせの効果も期待できる、一石二鳥の美容方法なのです。

 

エイジング対策に脂肪注入

 

目の周辺部分の変化はエイジングを表す一番はっきりしたサインです。脂肪や筋肉が痩せてきて、皮膚の張りが衰えてきて、その結果、皮膚のたるみやくぼみ、クマなどが目立つようになってくる場合があります。これだけで終わらず、そのたるみから、目の下からほおを横切るゴルゴラインや、ほうれい線も目立ってきて一気に様々な症状に見舞われてしまいます。

 

では、そんなエイジングサインに対してどのような治療で対抗することができるでしょうか。これらのエイジング症状には、脂肪注入法などの治療法が行われています。

 

自分自身の体の脂肪が多い部分から吸引した脂肪を患部に注入する方法で、自然なボリュームの増量が見込め、そしてそれによって多くのアンチエイジング効果が見込めます。安全性も高く、半永久的に効果が持続するのが特徴です。これは一番有名なのは豊胸手術においてですが、技術が進んで顔の様々な箇所に対しても効果を発揮するようになっています。

 

たとえば、目の上のくぼみや、目尻のシワに対しても効果が見られますし、目の下に現れた黒いクマなど脂肪や筋肉の劣化による症状に有効に働きます。また、単純に頬がこけているような場合にはボリュームアップが期待でき、表情をふっくらとした若い状態に戻してくれる効果があります。

 

こうした手術は多くのクリニックで行うことが可能ですが、何度の高い手術でもあるため、その品質には大きな差があります。CRFやマイクロCRFと呼ばれる方法を使っているところが効果も高く安全性も高いのでオススメですが、価格も高くなりますので他の方法も含めてしっかりと説明を聞いてから決定するのが良いでしょう。

更新履歴

メニュー